医療法人山桃 矢山クリニック

記

記事一覧

021 022 023 024 025 026 フィロソフィを持つこと

2019/11/02/(土)

021人は仕事を通じて成長していくものです。022惰性に目的意識もなく生きた人と、真剣に生きた人では、人生というドラマの展開は大きく変わってくるのです。023自ら望んで人生を賭けた勝負をしていますから、仕事が楽しくて仕方がないのです。024人生に対する目標を持...

詳細はこちら>>

020 経営を伸ばす人生観

2019/11/01/(金)

経営の目的は、経営者の人生観とも言い換えることができるでしょう。と稲盛さんは言われます。経営の目的は一般に〕潤の追求、⊆匆餽弩ァ↓6軌蘋(働くことによりスキルアップすること)と言われているようです。しかし稲盛さんは「人生観」と言われます。様々な問題に適切に対処...

詳細はこちら>>

019 美しく崇高な魂

2019/10/31/(木)

「この世へ何をしにきたのか」と問われたら、私は迷いもてらいもなく、生まれたときより少しでもましな人間になる。すなわちわずかなりとも美しく崇高な魂をもって死んでいくためだと答えます。よく生きるために、よく働くこと。と稲盛さんは言われます。この章では、「崇高な魂」...

詳細はこちら>>

017 018 才能の使い道

2019/10/30/(水)

017もし、自分に才能が与えられているなら、それは従業員のため、お客様のため、そして社会のために使わなくてはならない。018私は、動機が善であり、実行過程が善であれば、結果は問う必要はない。必ず成功すると固く信じています。と稲盛さんは言われます。「善」とは何で...

詳細はこちら>>

016 若いころの苦労

2019/10/29/(火)

偉大なことをなした人で、若い時を含めて、苦難を経験していない人は皆無といってよいはずです。自分を高めるための苦労は進んで受け入れるべき。と稲盛さんは言われます。「苦」は「苦い(にがい)」とも読むように、感覚的な不快。「労」は「つかれ」とも読むように身体の不快で...

詳細はこちら>>